民宿あわび改築中

2012年2月 9日 (木)

六畳のホームシアターづくり

平屋の小さな家に特大スクリーンを手作り中。

最近、高輝度且つ3D対応のプロジェクターを購入したので、本気のホームシアターが楽しめます。
わくわく

ジブリ作品を中心に、現代美術作品、実験映像、任侠もの、ホラー、SF・・・、いろいろ楽しめます。

スターウォーズが3D化されるらしいので、それを自宅で見てみたい。

でもステレオ設備がないので、不要なステレオがあればだれかお譲り下さい。取りに行きます!

映画上映会や、飲み会をひと味違った感じで楽しめる空間になって行くでしょう。
楽しみ。お近くの方は遊びに来て下さい。まだまだ改装途中ですが。


Img_5594


Img_5596


Img_5597


Img_5608


Img_5612


Img_5613


Img_5614


Img_5623


2012年2月 8日 (水)

なぜ、薪置き場をつくるのか。

うちの家は、大阪湾を眺めるオーシャンビューであると同時に、
電柱が正面にあるので電線ビューとも言える。

Img_0666


そんな淡路に引っ越す前の話
東京で生活していた当時、阿蘇や長野などで極力非電化で自給的暮らしを実践している家族をいくつか訪ねた。そこでは薪風呂はもちろん、電球は20Wのもので夜何も見えなくなってから電球を灯していた。薪で調理し、一貫した自給で玄米菜食の所もあった。山奥に暮らし、小学校や保育園にいかない子供達は家族皆で自然を相手に思いっきり遊んでいた。
それらの訪問をきっかけに、多くの影響を受けた僕たち家族は、自給的暮らしを楽観的に考え地元である淡路に引っ越してきたのでした。

そんなある日、未曾有の大震災がおこり、私はラジオからそのニュースをしった。
何かしなければというより、阪神淡路大震災を経験した時と同じように、テレビやネットから入って来る情報からは現実感が感じられず、日常生活をフワフワと漂っているだけの数日間でした。

そんな経緯を経て、私達になにが出来るのかを考えながら、
生活に実感が持てる営みを模索している最中なのです。

自給的生活を目指す考え方のひとつ、パーマカルチャーの提唱者は、一人一人が変わると、社会を大きく動かす力になるといいます。
僕たちは、そんな言葉に共感しているのかもしれません。


Img_5483
蓄えられる薪


Img_5478
薪置き場を新設。
来年の冬に向けて今から薪を備蓄して行きます。


2012年2月 7日 (火)

薪風呂はあたたまるでー

Img_5477

風呂焚きには、薪を使ってます。
改築前使われてたであろう、電気代の安い夜加熱型ボイラーを取り外し、
太陽熱温水器と薪風呂釜を併用。

↓太陽熱温水器
Fig04

初期費用は、多少かかるものの、初夏から秋にかけては風呂焚き必要なしです。
太陽熱で暖められた温水は60℃を超える時もあります。
ほんとかどうか、実感もないですが、太陽熱でゆっくり暖められたお湯は、
冷めるのもゆっくりだという説も。


Img_5476

真冬でも日照りの時は、35℃くらいのお湯が出ます。
曇りだと水のままなので、風呂焚きには薪を多く使わなくてはなりません。
でも薪のかおりが心地いいのと、オキ火がじわじわとお湯を加熱してくれるので体温でお湯の温度が下がる事はありません。
体の芯まであたたまり、ビールがうまい。

まだまだ良い事もあります。ガス、電気を使わないので光熱費がかかりません。
エアコンやテレビ、電子レンジ、湯沸かし、飯炊き、電気ストーブのないうちの電気代は2000円程度です。そしてそのほとんど(1100円程度)は冷蔵庫に使われていると言います。

強靭な意思でエコを意識しながら暮らしているkさんは、冷蔵庫の使用をやめたとたんに電気代が600円代になっています。これはおどろき。

まだ僕には、冷蔵庫を手放す勇気はないですが、室温より冷蔵庫の中の方が温かい事が寒い日にはあるので、なくても良いような気はしますが、春からビールが冷やせないと思うと手放せません。

ビールをやめる事は到底できないでしょう・・生きる意味を問い直す事になるので・・・

2012年2月 2日 (木)

ロケットストーブをつくる

ロケットストーブは煙突を天井向かってのばさなくていい薪ストーブです。

Img_5484

Img_5499

理論上煙突を12メートル横引きすることが可能だと言われています。

ロケットストーブについては、コチラのサイトが詳しく説明されているので、興味がある方はアクセスしてみて。


407215c7


今うちでは風呂焚きに薪を使っています。暖房もロケットストーブで補いたいと考えています。
ガスを使っているのは台所のコンロだけですが、業務用のコンロを使っているためガス代が今までとあまり変わらないのが困りものです。

ロケットストーブは、煙道を室内の床をはわせるため煙突が発する熱も室内の暖房に効果があります。

オリジナルでストーブの火を利用して調理が出来るように工夫するのでガス代がおさえられるかもしれません。


Img_4529_2
ロケットストーブの心臓部、ドラム缶の中に強力に空気を吸い上げる煙突を内蔵することで横になった煙突でも煙を外に吸い出す事が出来るのです。

Img_4536

Img_4539

Img_4541

Img_4544
ドラム缶の中に、赤煉瓦で作った煙突を内蔵しています。内蔵煙突は、蓄熱効果があればある程、吸い上げる力が増します。

今回作ったものは赤煉瓦を積み上げただけなので、思ったよりの吸い上げる力が弱いようですが、暖房効果はあるようです。

Img_4545

Img_4550

2011年10月19日 (水)

土嚢(どのう)ガールと駐車場

先日の長雨で、にわかづくりの駐車場では、車のタイヤが空転して動かせない事態に・・

数週間前の台風では、山手の崖が崩れて借りている畑に土砂が流入。

自然とうまくやっていくには、肉体労働がつきものです。先人も、ドロドロになりながら棚田を築いたのでしょう。

さて、その駐車場問題と、土砂流入問題を、いっきに解決するために、畑の土砂を駐車場に運び入れ、駐車場の勾配をなくす作業を家族総出で行いました。

最近はやりだしそうな、土嚢ガール(どのうガール)も参戦し、一気に肉体労働です。


Img_3980


Img_3987

50あまりの土のうを、畑から駐車場へ、運搬。全て手作業です。

Img_3988

山ガールの次ぎにくるのは、農ガールではなく土のうガールかもしれません。

Img_3996

完成!
しかし土砂で流されて来た土と言う事は、流されやすい質の土のような気がしています。
踏んでもあんまり締まらないし・・・
次の雨が心配・・
何かアドバイスがあればくださいー。

Img_4003

2011年10月16日 (日)

お久しぶりです。引っ越し作業!!

久々のブログの更新。

引っ越し作業と後片付けでとてもバタバタでした。

雨が続きまだまだ片付けは終わらず。

でも薪で焚くお風呂は、おばあちゃんちを思い出すし、自分自身のために改装した台所は、理想の形に出来上がりました。

引っ越し手伝ってくれたみなさんありがとー

Img_3864

軽トラと自家用車の往復でのお引っ越しでした。
まーまーいけた。

Img_3868

はちかぶり姫(どんぶりかぶり姫)かなー
Img_3968

どんぶりが顔面から離れなくなっているようです。
Img_3973

引っ越しうどんを食べているのでした。

Img_3966

2011年10月 5日 (水)

落花生収穫

改修と引っ越し作業で忙しく、ほってけぼりの畑
でも、落花生は、大量に収穫できました。

Ca3g0404

塩ゆでした次の日が味がしみて、うまいんよねー。
寒いけどビールがすすむ。

Ca3g04051
不耕起、無農薬、無肥料、無草抜きでもこんなにできる。

2011年9月30日 (金)

水場改修

洗面所と風呂場付近の水場を改修
というか。杉の床材と壁材で覆い隠す。

この民家が建てられた当初を復元するというのが改修の方向性でしたが、
さすがに、水場は、クリーンなイメージが欲しかったので、再び杉板でリフォーム

ビフォア
Img_3819

台風で雨漏りが・・・また仕事がふえた・・
Img_3820

風呂場の脱衣所
Img_3822


アフター
Img_3853

風呂場の脱衣所は、こんなに奇麗に、
Img_3856


Img_3858

ばっちり
虫の侵入経路は完全に塞ぎました。

2011年9月18日 (日)

畳が入った黒の部屋

やっとの事
黒の部屋に畳が入りました。
国産泥染めのイグサを使ったもの一枚13,000円
計78,000円
これは高いのか安いのか分からないです。

畳が入ると空間が一気にしまりました。
Img_3671

室内の植物部屋も完成。
ウッドデッキ風に
庭には、現代美術界の巨匠デュシャンの作品も配置されています。
何とも言えないポストモダンな庭園と淡路島の海が見渡せます。

Img_3703


Img_3704

2011年9月12日 (月)

今日の畑

最近、忙しくて台風以降ほったらかしの畑

通常、枝豆は、摘心という新芽を摘み取る行程を経て、側枝を増やし収量と収穫時期を調整します。
いくつか摘心をせず置いておいた枝豆がありあます。
二ヶ月ほど実がつく時期がずれましたが、ようやく房が膨らんできました。


Img_3658

実に栄養が行っているというより、葉っぱに養分が行っているようです。

Img_3659

落花生の中に、バシルが花を咲かせています。
いくつかの作物は種を取ろうと思っていますが、初めての事なので要領を得ず

Img_3661

トウモロコシが、とりあえずほどよく乾燥していそうなので、採種してみました。
こんなので、本当に芽が出るのだろうか。
だれか詳しい人教えてくださーい。

Img_3665


■■■

美術作家 岡本純一のホームページ  http://okajun.net/
こちらも時間があれば覗いて下さい。