淡路島からこんにちは

2013年2月15日 (金)

生活道具「大館曲げワッパ」

大学で助手をしていた頃。月々決まったお給料が頂けるので、そのほとんどを、民具や骨董に費やしていた。現代に生きる手工業にも興味があり生活道具も九州や東北などまで買いに出掛けていた。

そんな旅の中で、九州阿蘇に住む自然料理研究家かるべけいこさんの自宅で出会ったのが「柴田慶信商店の曲げ物」
羽釜で焚かれたご飯が入れられた曲げ物のおひつに一目惚れして、自宅に帰ってから急いで買いに出掛け、今では自宅で大活躍しています。
程よく水分をすってくれるおひつは、冷めても美味しくご飯を保存しておけます。
_
_
Img_1540
▲柴田慶信商店のおひつ
_
我が家では、玄米を圧力鍋で焚いて、すぐにおひつに移します。
炊飯器も便利ですが、センチメンタルな気分にさせるおひつ生活も悪くないですよ。生活の豊かさは、炊飯器を使う場合も、おひつを使う場合も、それぞれにあると思います。でも、懐かしい何かを思い出したり、近代化する前の生活を想像するには「おひつ」は良い感じです。
_

2013年2月 8日 (金)

鬼は外ー、鬼は外ー

恒例の豆まき、

鬼のはずが、ジェイソンがきてしましました。
本気で怖いです。作った本人である八重ちゃんは、恐ろしくて見るのも怖くて終始目を伏せて泣いておりんす。
Img_2022
おそろしやー、
Img_2028
ぎゃー
Img_2019
かわゆす
Img_2002
ほのぼの

2012年6月23日 (土)

これがホントの蚊帳の外②

先日の官邸前の反原発デモ
どれくらいのメディアが取り上げたのでしょうか。
ほとんどテレビや新聞などでは、大きく取り上げる事がタブーになっているようです。

大手メディアでは、デモや福島の現実に関する報道は蚊帳の外のようです。
まずは、報道されない現実がたくさんある事を知らないと。

20120622225317

・・・・・・・・・・・・・・・
福島に住むお母さんの言葉、抜粋
・・・・・・・・・・・・・・・
私が福島にいる頃、子供たちが『ぼくたちどうせ死ぬんでしょ!?』などという台詞は日常的でした
初めは言葉に詰まっていた大人もだんだん
『そう、だから死なないように避難するんだよ』
という説得の言葉になりました

暑い夏も窓を閉め、長袖にマスクで授業を受けなければならない子供たち
体育も外遊びも一切禁止!
学校の校庭が使われないから背丈ほどの草が生えていました
子供たちが土や草木を触ろうとすると親はヒステリックに怒り、側溝の上も歩かせないように気をつけました

ガイガーカウンター(放射能測定機)を買い、計ってみると驚くほどの数値が家の中でもあり、みんな窓際から子供ベッドを部屋の真ん中に移し
食事にも神経を使い
家の屋根や壁は高圧洗浄機で除染をし
通学路の土を削り
せめてもと週末は他県に避難をし
そこまでしても、鼻血を出す子が続出し、下痢、頭痛が止まらない子がたくさんいました

娘の友達が何人も白血病の初期症状と診断され、甲状腺の異常が見つかった子もたくさんいました

母親たちはいてもたってもいられず避難しようとしますが、家庭や職場などで意見の食い違いが起こりあちこちで揉め事が絶えなくなりました

うちも避難はしたものの、震災後10ヶ月間もいてしまったので娘がいつどうなるかわかりません
娘は一生その不安を抱えて生きていかなければなりません

一番危険な10ヶ月、避難できず福島にいてしまった親としての罪、無理矢理引き離して子供から全てを奪ってしまった親の罪
何が正しかったのか全くわからず、どちらにしても子供には申し訳ないという思いだけです

報道も福島の現実はタブーとされ一切伝えられません
他県でも福島は閉じ込めておいて自分たちにふりかからなければいいという考えなのでしょうか?
また、今だに『大袈裟な』と思ってる方も多いのでしょう

原発再稼動などして、もし何かあったらどうするのでしょうか?
自分たちの所は起きないと思っているのですかね?
日本の中でこんなことが起こっているのに
なぜ日本人は目を覚まさないのか
不思議でなりません

大飯原発
何かあったら神戸あたり風向きによってはかなり酷くなる可能性がある距離です
しかも避難区域にならないから一番悲惨でしょう
なぜ皆さん焦らず平和でいるのか不思議でなりません
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2012年5月20日 (日)

あわびの看板息子「玉ちゃん」脱走の巻

■■■
現在、おとなとこどもが一緒に楽しめる美術館「あわびとこども美術館」開催中です。陶芸教室もあるよ。
■■■

あわびの看板娘ならぬ看板息子のタマちゃん(にわとり雄_きたさかたまくん)。
いつも土日の展覧会開催中は、エントランスでお客さんを迎えます。時にはつつかれることも・・

Img_7445

ある夕方
タマちゃんが居るはずのエントランスをみた北坂さんが、
「たまがいない!」とおおあわて

みんなで探した所、たまちゃんも作品鑑賞にお出かけのようでした。
外に出てなくてよかったよかった。

あわびは作品のほかに、北坂養鶏場のこだわり卵の販売もしています。
たまちゃんにもあえますよ。
人なつっこいので、さわったりもできます。
みなさん、玉ちゃんに会いに来てねー。


Img_7634
逃げ出したと思ったら、気になってた作品の鑑賞中でした。

Img_7642


Img_7650


Img_7655

■■■
現在、おとなとこどもが一緒に楽しめる美術館「あわびとこども美術館」開催中です。陶芸教室もあるよ。
■■■

2012年4月20日 (金)

読書家やえちゃん

うちの子は、本が大好きです。
テレビがないのもその理由のひとつだと思うけど、

でも父親の僕には読書の習慣はありませんでした。
今でこそ、必要にかれれて本は読むものの
小さい頃は、マンガでも文字を読まず、絵だけ目で追っているだけだったような・・


うちのやえちゃんは、もう文字も読めるのか。文庫本を手に読書中・・・
Ca3g0651


よくよく見ると淡路島在住の湊かなえさんの「告白」を手に取っています!逆さまですが・・・

Ca3g0652

読書が好きというよりは、本そのものが好きなやえちゃんでしたー。


2012年4月19日 (木)

神前結婚式

友人の結婚式を撮影にイザナギさんへ、結婚したのは由良にある料理屋「露しぐれの」の亭主、新島君。ご祝儀に食べに行ったってー。うまいよ。

Img_6809

ちなみにイザナギさんは、淡路島にある歴史ある神社。古事記の記述にもある国生み神話の舞台になったとも言われています。


Img_6582


Img_6648


Img_6610

僕も5年前ここで結婚式を挙げました。

Img_6776


Img_6791

ほんまいい天気でした。

2012年4月 9日 (月)

バジルバーニャカウダ@楽登窯

Img_6313

今日は、淡路島にある楽登窯のカフェでバジルバーニャカウダをいただきました。

うまかったー。

何と言っても空間がすばらしい!

花見をしてから、ゆったりといただく野菜たち、久々にスローな時間を過ごす事が出来ました。


Img_6317


Img_6315


2012年4月 7日 (土)

仮屋保育所で入所式

ついにウチの子どもも遅ればせながら、保育園に行く事になりました。上の子だけ

Img_6299_2

うちの子は保育園が嫌いで嫌いで仕方なかったのですが、
入所式の次の日は、大好きなカレーが出たこともあって、いっきにのりのりです。

入所式の日は、奮発して、子どもも大人も大好きな麺類を食べにポンテメールというイタリアンレストランに。
ポンテメールはハイウェイオアシスの中にあるレストランで、眺めが最高です。
小さな子ども連れでも、入り易いしサービスもいいです。店内は広々していて、子どもが多少わめいても平気。

Ca3g0646_2
お子様パスタセット、飲み物とデザートまでついて800円


子ども連れにお勧めですよー。しかも、公園のようなハイウェイオアシス内にあるので、外では遊び放題。車も走ってないので気兼ねなく楽しめます。


Ca3g0648
名物の宝楽焼パスタ。美味しいよ、高いけど・・・一人前2000円

それにしても
意外な所に、おすすめスポットを見つけました。駐車場は三時間タダやし。

子どもがいると、せっかく外食しても、味そっちのけで子どもの世話して疲れて、いつも後悔してたけど、ここならまた連れてきてもよさそう。
味もおいしいしハイウェイオアシスのレストランおすすめですよー。(平日に限る)

2012年4月 3日 (火)

R18指定_おむつなし育児

裸族のうちの子は、おむつなし育児実践中。
おむつなし育児とは、おむつを付けない育児ではなく。子どもの排尿のサインをキャッチして、おむつを濡らす前に、トイレやおまるに出来るようにする事です。紙おむつをしていると、子どもも垂れ流すし、親も子どもが出している排尿サインに気付けません。親子のコミュニケーションを親密なものにするためにも、おむつなし育児はおすすめです。おむつも少なくてすむし、1人でおしっこが出来るようになるのが早くなります。


最近は、「しっし、しっし」とおしっこを教えてくれます。
1人で勝手にできることも。

たまに、ボットン便所でないと絶対イヤイヤの時があるので、ほったらかしておいたら
ボットン便所にはまっていそうで怖いです。

自分から服を全部脱ぎ散らし、おしっこをしている八重ちゃん。
自らモザイクをしています。

Img_5952


最近、自らの卑猥な画像をブログにupした某教育委員会の30代女性が免職。というニュースがやっていました。

この画像を悪用しないでね。

2012年2月17日 (金)

ネットショップ講座 @あわび

先日、あわびでは、南あわじ市で一億円以上稼ぐネットショップ経営者、宮野さんを招いてEC講座が開かれました。

あわびも小さいながら、ネットショップに事業展開?をしたいと考えているので、実践的なとても身になる勉強会でした。

商品を売って行くための具体的なアドバイスや失敗例、値段設定の仕組み、儲ける理由など、分かり易く説明して頂いたおかげで、参加者の皆さん、ネットショップを始めるスターターになったのではないでしょうか。

Img_5732

所で、あわびで、なにを売るかというと、あわび焼(awabi ware)という普段使いの器を販売して行きます。というのはまだ気が早いので
講座でも言っていたように、ヤフオクで何でも良いので、まず身近なものをネットで売ってみようと思います。
ネットショップ経験のある方何かアドバイスあればお願いします。


Img_5737


より以前の記事一覧