« 「露しぐれ」の床の間に作品 | トップページ | あわじしま移動教室vol.1@あわび »

2012年1月26日 (木)

銅青磁茶碗

Img_5226

久しぶりに茶碗(小どんぶり)を焼いた。
学生の頃は、単純に李朝や、桃山時代の茶碗に憧れて、無心に茶碗型の焼き物だけを作っていた。
私自身、茶の湯を嗜むかというと、飲むのは番茶かほうじ茶・・・。

学生の頃は、アサヒのビールが好きでそのつまみは決まって練りわさびつき冷や奴でした。
抹茶碗に憧れて、作っていたものの、使うのは冷や奴茶碗として、
でも気に入った器で食べる冷や奴は何故かうまいのでした。


Img_5227

初期の茶人、村田珠光は、枯れた美しさを持つ雑器を初めて茶の湯の世界に持ち込みました。
珠光青磁と呼ばれる、それは、唐物の高級陶器にはない寂びた品格があります。
侘び寂び、民芸論、アノニマスデザインにつながっていく村田珠光の思想は、後の武野紹鴎、千利休・・柳宗悦、近年のデザイナーなどに大きな影響を与えました。

7_2_3a_ph02a
珠光青磁

7_2_3a_ph03a
珠光青磁・裏「美しいっす」

今回窯出しした、茶碗。
小さめのドンブリとして作ったけど、
フォルムと色が思いの外美しくでたので、抹茶碗に見立てた方が良いのではないかと思いました。

僕は、茶を立てた事もないので、誰かよければ使ってやって下さい。

Img_5228

« 「露しぐれ」の床の間に作品 | トップページ | あわじしま移動教室vol.1@あわび »

陶芸作品「あわび焼ーawabi wareー」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519983/43884203

この記事へのトラックバック一覧です: 銅青磁茶碗:

« 「露しぐれ」の床の間に作品 | トップページ | あわじしま移動教室vol.1@あわび »