« 淡路→別府→福岡→広島→倉敷→真庭 | トップページ | 黒の部屋 »

2011年9月 5日 (月)

淡路→別府→福岡→広島→倉敷→真庭→高松→あわび

別府にはじまった西日本の小旅行は、ようやく終了しました。
8日間の車での旅でした。
4回も給油しました。走行距離は1500km結構しんどかった。

最後は
倉敷から四国経由、高松市美術館で「小谷元彦展」を見てから、淡路島に無事たどり着きました。

Q太郎は、小谷作品の空間がお気に入りのよう。
珍しく美術館体験で満足したようで、また行きたいといっております。


淡路島に帰って来た翌日は「あわび」の開講日。
東京から淡路島に移住して養蜂を行っているCちゃんが、
お手製の蜜蝋ろうそくをもって遊びに来てくれました。

Img_3504

円形の珍しい形のろうそく。三日月の形に溶けて行きます。

Img_3494

養蜂をやってるCちゃん。陶芸体験では、ろうそく立てを作ってました。

Img_3502

火の恐ろしさを分かっているようで、あまり火に近づこうとしないQ太郎。
恐ろしさを覚えて、その後、火に慣れてくると、火遊びをするようになるのだろうか。
こいつは、無茶をしそうで、僕はそれが恐ろしいです。

Img_3499

火を見つめ続ける。

« 淡路→別府→福岡→広島→倉敷→真庭 | トップページ | 黒の部屋 »

淡路島からこんにちは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519983/41522882

この記事へのトラックバック一覧です: 淡路→別府→福岡→広島→倉敷→真庭→高松→あわび:

« 淡路→別府→福岡→広島→倉敷→真庭 | トップページ | 黒の部屋 »