« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月31日 (水)

淡路☞別府☞福岡①

別府を後にし、友達に会いに福岡県太宰府へ
太宰府は、三、四回目。九州は好きで何度も来たいところです。

太宰府から車で30分あまり
ムサビの頃の友達を訪ねました。
彼女は福岡市で木工工房を開いています。(木工百科ぶんぶく堂

Img_3207_2


木工作家の稲津千草さん
棚にはろくろのふたものも多数

Img_3191_2


和の様式を感じさせる茶箪笥ですが、現代建築に会うように洋風の材を使っているように感じます。
欲しいですが、今は金欠病なので発注できず・・

箪笥の上のお盆は、旦那さん作品。旋盤仕事は旦那さんの専門です。

Img_3187


作家お気に入りのいす
民芸とも違うシンプルな中に和洋の境界を意識させる造形です。

Img_3196

こんな作品も
気になる方はwebページを覗いてください。
木工百科ぶんぶく堂

Img_3210

2011年8月29日 (月)

淡路☞別府④

別府とも、お別れの日

お世話になった、別府プロジェクトの面々。

別府プロジェクトでは、アーティストインレジデンス「KASHIMA」
(湯治に来た人がその土地で部屋を借りる事を「貸間」と、言うそうです。)
というプロジェクトが進行中です。

Img_3174

チャンスがあれば、このようなプロジェクトに参加して、また別府に滞在したいです。
というか。住んでみたいです。

皆さんお世話になりましたー。また来ますねー

Img_3177

サラリーマン時代は、古道具、民具を買いあさるのが趣味だった私。
大分というと、竹ものという事で、万年金欠病の現在ですが、お土産を購入。

Img_3179

別府の地域通貨「BP」の札束で竹箸を購入。
BPをこんなに使うお客さんは、珍しいのでは・・
今度来た時は、関係者みんな集めてBPの札束ちらつかせながら赤提灯で豪遊したいと思います。

Img_3184

夕方から、温泉水を片手に福岡の友人宅へ
短い旅は、もう少し続きます。

2011年8月28日 (日)

淡路☞別府③

別府三日目

プレゼンも終わり
ようやくリラックスした温泉巡りです。

湯布院の方まで足を伸ばし
日本三大薬湯のひとつ「塚原温泉」へ
異常に酸っぱい硫黄泉で、活火山の火口のふもとに在ります。

Img_3148


皮膚や胃腸にいいという事なので、源泉と温泉水を4000円分購入
元気だった頃なら、温泉水など買おうとも思わなかっただろうに・・・

Img_3159_2


温泉水を、現在は毎日飲んでいます。
すると黒緑っぽい便が毎日出ます。
宿便(大腸にコベリついている消化物)がでているという説も在りますが
詳しくは分からず、血便ではなさそうなので、様子を見てみます。

何かご存知の方がいれば、教えてください。

毒が出て少し元気になって来たような気がしています。

ちなみに
汗疹で悩んでいた子供達に塗ってあげると、何と次の日には見違える程よくなっていました。
少しつ枯れぎみの奥さんの顔に塗ってみると、なんと次の日には見違える程可愛くなっていました。
本当の話です。塚原温泉の源泉。おすすめです。


さてさて
Img_3165

至る所から高温の湯気が出ています。

Img_3169

数ある秘湯の一つ
常連の人たちで石を積み上げて浴槽を手作りしたそうです。

Img_3171

別府周辺には、こんな感じの秘湯がたくさん在るようです。
別府の人たちは、本当に温泉を愛しています。温泉情報を少しでもきくと話が延々と続きます。

別府愛が伝わってきます。

2011年8月27日 (土)

淡路☞別府②

別府散策中

プラットフォーム02は展覧会スペースのほかにイベントスペースに使われているようです。
アーケード商店街の空き店舗を改装してアートスペースにリノベーションしたそうです。

Img_3132

別府の町中には、このようなプラットフォームが点在しています。
空き家や空き店舗がショップやカフェ、オルタナティブなスペースとして活用されています。


Img_3143_2

上の写真は、アーティストグッズなどを販売するショップ。
二階ではマイケル・リン(アーティスト)の作品(ふすま絵)を鑑賞できます。
ここでは
別府プロジェクトが発行しているBP(地域通貨)のボーナスポイントでBPグッズを購入しました。


Img_3144

「生一本」という大衆居酒屋、ここのトリ天がうまいという事なので行ってみましたが、多くのおっさんで賑わっていたので、入れませんでした。
近くの「うれしや」という居酒屋に行ったけど。トリ天うまかった。やすいし。いい感じです。


Img_3141

別府を代表する温泉「竹瓦温泉」
ここでは、砂湯に入りました。
が、翌日に控えたプレゼンテーションのプレッシャーと空腹のため途中で気分が悪くなって、
もがきながら砂から脱出。
砂をかけてくれたおばちゃんが「ごめんねー」と何故か謝ってくれて、落ち着きを取り戻しました。

雰囲気は最高、風俗街の中に風情ある温泉やアーケード、クラブなどが混在していて、
ここは、ほんとに魅惑的で魅力ある場所です。

やっぱり、つげ義春の世界を思い起こしてしまう。
こんなところがあるなんて奇跡です。

2011年8月26日 (金)

淡路☞別府①

先週、別府プロジェクトが主催する「beppu art award」二次審査のプレゼンの為に
淡路島から別府に向けて車を走らせました。

Img_3102
関サバで有名な海峡を通過中

Img_3105

四国から初上陸の愛媛を通り4時間、八幡港からフェリーで3時間。ようやく別府に到着しました。
合計7時間とちょっと。

Img_3111

別府は、つげ義春を思い起こすレトロで時間感覚を麻痺させるような雰囲気に包まれておりました。


Img_3134

二次審査の結果は、残念ながら落選でしたが、多くの人や場所に出会うすばらしい時間になりました。

また、beppuには必ず戻ってきます。というか住みたいです。

車で九州に来ているので普段行けないところを多少廻る事が出来ました。
これからブログで報告させていただきます。

2011年8月15日 (月)

送り火

仏さんも帰られる日。
でも、どこに帰られるのだろう?
お墓?
お空?天上界・・

昼間は、盆という風情は全くない、淡路島牧場に、
何故か発熱中の子供達を連れて・・

家の中では二人ともギャンギャンで、静止することが出来なかったので
ドライブという比較的子供達がおとなしくなる奥の手を選択・・

だらだら運転しているうちに淡路島牧場の看板を発見

牛にふれあいに行きました。

熱のせいか、ビビる二人

Ca3g0393_2


何故かジンギスカンが売りのようなので、注文
どこの羊だろう・・やめられない味だけど

Ca3g0389_2

何となく臭みがあってしみったれてて、美味じゃない感じが嫌いじゃない。
分かる人には分かるこの感覚。
赤提灯も汚いところの方が、うまいんじゃないかと期待してしまう感覚に似ている。
(たいてい失敗する)

まさにそんな感じの淡路島牧場。(誤解がないように、牧場内はとても清潔で面白いです。)


何と牛乳飲み放題!

日本人には、牛乳を飲んでも体内に消化する酵素がなく、
逆に子供の健康に弊害がある、なんて考え方も在るけど

食欲のなかった二人が、がぶ飲みしてるので、静観中

Ca3g0392_2

入場無料で牛乳飲み放題なので、淡路島牧場おすすめです。
ある種の哀愁が漂っています。


日の涼む頃お寺さんへ
お経に癒されながら
送り火を見つめる
さよーならー、またねー 父、母、ご先祖サマー

Ca3g0398

2011年8月14日 (日)

志筑の玉田食堂

所沢から友人家族が淡路島に遊びに来ました。
みんなで
近頃気になっていたセンチメンタルな思いに浸れそうな食堂「玉田食堂」に、試しに行ってみました。

雰囲気ばっちり、おばちゃんとか、娘さんやお孫さんの気の利いた会話と優しさ満載。
近所のおっさん達の憩いの場だけど、疎外感なし。
☆☆☆
中でも中華そばの味は、なつかしさというより、昭和にタイムスリップしたかのような感覚を覚えます。美味しいよー

Ca3g0382

ちなみに、間違っても食通の人は行かないようにしてください。

人情を味付けに加えたい人には、行ってもらいたい食堂です。
こんな食堂が、淡路島にまだ残ってると思うと嬉しくなります。

志筑の国道沿い「玉田食堂」
ヒラマツグミさんの目の前です。

親子丼もおいしいよ。
おかーさーん・・・


Ca3g0381

2011年8月13日 (土)

収納づくり

虫食いと、柱のゆがみ傾きがひどかったので
その部分を収納にして目隠し

以外と使える収納庫が完成しました。
材料は、2×4材とラワンベニヤで、安上がりに仕上げます。

Img_2907

Img_2949

全体的に柱が右に傾いています。
阪神淡路大震災の影響。
築八十年はあるみたいです。

Img_2948

思いの他、何かと使えそうな収納が完成。

Img_2952

初盆

今年初めに亡くなった親父の初盆を迎えた。

Img_2938

数年前に母も癌で亡くしているので、
おばあちゃんと僕らの5人で淡路島の実家で暮らしている。

両親を癌で亡くしているので、病気には多少は意識的になる。
毎日の食生活が病気に大きく関係しているだろうと感覚的に思う。
醤油と梅干しとソースが大好きなうちの娘の食生活をまず改善せねば・・・

Img_2939

おじゅっさんのお経が、心地良く聞こえる。
久々にクーラーのきいた室内にいるせいかもしれない。

Img_2940


闘病の末、病院で息を引き取った両親と、自宅の布団でボケながら老衰で亡くなったおじいちゃん。
出来れば自宅の布団を選びたいなー、と供養しながら漠然と思う。

住職の話では、今日は仏さんがみんな帰ってくる日。帰省している姉も含めれば
盆だけは、12人の大家族になる。

おばあちゃんは、帰省した息子に豪勢な精進料理をもてなしている。

なんかいいかもね。法事も・・お布施と膳料がなければ・・・


ナムダイシヘンジョウコンゴウ
ナムダイシヘンジョウコンゴウ
ナムダイシヘンジョウコンゴウーーー___・・・

2011年8月10日 (水)

お盆だよ_梅干しづくり_

ここ最近の異常気象、暑すぎる毎日
しかし 
連日の猛暑日を利用して梅を干しました。

短時間で、もうカッピカピ・・

Ca3g0377

いい感じ、梅酢を良く吸います。

Ca3g0379

梅酢を使って一品
「夏野菜とちりめんの和え物」

白瓜、茹でたゴーヤ、キュウリなど瓜系野菜の薄切りを塩水に10分浸し、よくしぼる。
その後、梅酢、みりん、ちりめん、鰹節と和えて、よく冷やして完成。

暑い日のつまみに最高。
瓜やゴーヤ等、カリウムと水分を多く含むクールベジ(体温を下げる働きのある野菜)で猛暑を乗り切りましょう。

Ca3g0370

白瓜、ゴーヤ、キュウリは、淡路島で自然栽培を行う吉田さんに頂いたものです。
それらの野菜は地味深く子供たちに食べて欲しい味です。
が、子やつらは野菜をあまり食べてくれません。。。

2011年8月 9日 (火)

淡路島の大浜海岸で海水浴

今日は、子供達と海水浴へ・・・
そんなつもりはなかったのですが、海に散歩に行ったら
やっぱり水浴びしたくなってしまって・・
子供達は、全裸で遊びほうけています。

Ca3g0359

大浜海岸はやっぱり最高。地元の海は愛着があります。

Ca3g0364

波で離岸流遊びをする子供たち。
少し目を離しているうちに子供達の能力を超えたところまで流されてしまう!
(といっても岸から5mくらいのところで、泳げないので溺れそうになっています。)
結構危ない遊びをするので目を離せない・・


Ca3g0365

今度来た時は、ビールとお金と水着と七輪と貝とパラソルをベビーカーに乗せて持ってこないと

夏の野菜達

改装中の家にほど近い畑の様子。

自然農法に近い形で栽培しています。
栄養不足なのかトウモロコシは、ひょろひょろで一本に一つの実をつける程度。

雑草が肥料になり、肥沃な土地になるまでは、時間がかかるでしょう。
でも、それなりに実りがあって、食卓は充実しています。

Img_2913

ひょろひょろのもろこしくん


Img_2915

ナスに集まるホオズキカメムシくんの集団
何をしているのか?みてても分からなかった。

Img_2928

落花生の群生の中にバジルを育てています。
自然農法といっても、もう少し雑草を刈ったほうがよさそう。

群生のなかでもバジルは元気に育っています。

Img_2931

大玉のトマトはすべて大きくなる前に虫に食べられたり病気になったりで無収穫。
でも中玉より小さいのは、豊作です。苗は、種苗屋さんで買ったF1種のもの。

Img_2937

キュウリが栄養不足で短いけど味はまずまず。
今日の収穫。

2011年8月 7日 (日)

庭づくり

花壇を無理矢理増設。
家が斜面に立地しているため、
上から土や葉っぱが降り積もって、
庭を堆肥化した土が被っていました。

家の中の土間より庭の方が高かったので
そこらへんにあったレンガやブロックで花壇を増設。
その花壇の中にとりあえず庭の土を入れ込みました。

Img_2864


可愛い陶器の人形が、ゲストハウスの目指す方向を物語っています・・・

Img_2866

世界は一つ。LOVE and PEACE

2011年8月 6日 (土)

片付ける遊びってないかなー

子供は何だっておもちゃにして遊ぶ。

あそんだら片づけない。

片付けたら、遊んでるの繰り返し。

よーいどん!のお片づけ競争は、もはや通用しない。

子供にいわゆるおもちゃを買ってあげた事はないが、
片付ける事を教えてくれるおもちゃが在るなら、買うでしょうね。

あそんだら片付けない
Img_2868

片付けたら、こっちがまた散らかっている。の繰り返し・・
Img_2869

ヨーイドン!で、ひとりで片付ける僕・・・

2011年8月 5日 (金)

薪風呂釜設置(長府製CHS-3ロングタイプ)

長府製CHS-3ロングタイプの薪風呂釜を設置しました。
ホーロー製の浴槽だったので、穴あけは、水道屋さんに頼みましたが、
後の作業は、自己責任で・・・

地面が高すぎたので5cmほど下げてコンクリートを

Img_2843

下から入って来た水が、釜で暖められ上の管を通って給湯されます。

Img_2846


薪釜は、屋内用なので、何となく小屋も建てます。

Img_2848

Img_2851


お隣が結構近いので煙の影響が気になる・・

Img_2855

ひとりで煙突まで付けたので、炎天下での危険な作業、倒れそうでした。
運動感覚が、鈍って来ているので、靴ひもまで締め直し安全安全(びびりびびり)に作業終了。

みなさん風呂焚きに来てねー。

2011年8月 1日 (月)

夏休み自由研究 in awabi

淡路市江井に住む小学生を中心にしたグループが、
夏休みの宿題(自由研究)をかねて「あわび陶芸教室」に体験に来ました。

知ってはいたけど、奴らは、自由気ままでパワフルな子供達だわ。


海や庭、畑から持ち寄った砂、土を粘土に混ぜ込んでいます。
子供達オリジナルの粘土を使って、思いおもいの焼き物を作ります。

Img_2802_2

自由研究の参考になるように、焼き物の説明を詳しくするが興味があまりなさそう。
とりあえず手を動かし始めると、
親御さんも一緒になって、はげしく粘土こねこねしています。

Img_2800


陶芸体験の後は、おなじみタノタイガさんの作品の中で走り回っています。
プールという用途は完全に忘れ去られています。

ごめんねタノさん。

Img_2809

カオス状態です。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »