« 台風の後 | トップページ | 今日のあわび »

2011年6月 4日 (土)

実験中「あわび焼」窯出し

陶芸作品の表面にかかっているガラス質の膜を釉薬といいます。
最近はいろんな素材を原料に釉薬の焼成実験を繰り返し繰り返し・・・。

解体で出た廃材灰(土灰)といろんなものを組み合わせて1250℃で焼成します。

融点に達せず全く溶けなかったり、気泡がいっぱい出たり、思ってもない結果が出るので面白いです。
結局使える釉薬にはなかなか出会えず・・・


民宿で使いたい器は、泥臭さ(土着や農、土臭さ)を携えたもの。
きょうの窯出しでは、それに近い感じのものが何となく出てきました。
(廃材灰は釘やさび等の鉄分が多く含まれているため黄色く発色します。)


Img_2024


Img_2025

近く「あわび商店」にて「awabi ware(あわび焼)」の販売も開始する予定です。
よろしくどうぞ

« 台風の後 | トップページ | 今日のあわび »

あわび陶芸教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519983/40265461

この記事へのトラックバック一覧です: 実験中「あわび焼」窯出し:

« 台風の後 | トップページ | 今日のあわび »