« 最近のあわび陶芸教室 | トップページ | あわびに狐が! »

2011年5月30日 (月)

吹き戻し素材研究

建築家の遠藤幹子さんは、淡路にビビッと来たらしく先月に続き、今月も昨日から淡路を訪れています。

午前中は、遠藤さんとともに淡路島アートセンターのやまぐちくにこさんを訪ね、現在企画中の「あわびとこども美術館」という展覧会運営方法についての相談。
また、
全国シェアほぼ100%の淡路の特産品、吹き戻しを題材に「素材研究」を行いました。ワークショップやオブジェに使えるかなー。

Img_1892

変な作り方をして、うまく戻らず、くにゃっとなった吹き戻し。

Img_1893


午後は、物件巡り。
kunono再生プロジェクトの大倉さんに紹介してもらった物件です。
Img_1895


立地、ロケーションともに最高!・・ですが・・・、
巨大観音さんとミニ自由の女神が、メタフォリカルな存在感を出しています。

写真では見にくいですが、
巨大な東洋の象徴とアメリカの自由の象徴が落差をもって隣り合って立っています。

中国を中心とした数年後の世界縮図を連想します。

Img_1896
Img_18962

ちなみに巨大観音のふもとにはアメリカという現在営業中の喫茶店があります。
奇妙な組み合わせ
淡路島のローカルパワースポットです。

« 最近のあわび陶芸教室 | トップページ | あわびに狐が! »

淡路島からこんにちは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519983/40198618

この記事へのトラックバック一覧です: 吹き戻し素材研究:

« 最近のあわび陶芸教室 | トップページ | あわびに狐が! »