« 八重ちゃんの「ほのぼの日記」 | トップページ | あわび訪問者ぞくぞく »

2011年5月 1日 (日)

awabi ware 量産中

淡路島美術大学が運営する「あわび陶芸教室」では、awabi ware(あわび焼)を生産直売、受注しております。
あわび焼は原料の一部に取り壊した土壁や集成材(コンパネやベニヤ)を使っています。しかし
一方で、焼成は電気窯を使っているのです。
廃材を利用しつつも電気を使うというアンビバレントな制作方法をとっていることに、現実的な問題を意識せずにはいられません。
縄文式土器が作られたのは約1万年前(一説)、そして放射性廃棄物が生命にとって無害になるまでの時間は10万年後。ネアンデルタール人の時代から現代まで1万年・・(http://wiredvision.jp/blog/takamori/201104/201104152359.html)

放射性廃棄物と10万年つきあって行くのか否かは、これからの10年での私達の決断で決まるような気がする。
Img_1496_2

100円均一の商品をモチーフに石膏型を使ってお皿を作っています・
Img_1483_2


Img_1495_3

« 八重ちゃんの「ほのぼの日記」 | トップページ | あわび訪問者ぞくぞく »

あわび陶芸教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519983/39815973

この記事へのトラックバック一覧です: awabi ware 量産中:

« 八重ちゃんの「ほのぼの日記」 | トップページ | あわび訪問者ぞくぞく »