« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月 5日 (木)

「ブログ更新せーへんとなー」をやっつけるw

「ブログ更新せーへんとなー」をやっつける
やっつけメーキングのパクリですが、ブログ上のことなので知的財産権の侵害には当たりません(多分)。当たったとしても、「法の境界線上にある危ういブログ」ということを唱っていますので・・・

結局のところ「ブログ更新せーへんとなー」は誰に対して責任を感じての発言なのでしょうか?
自分に対して、もしくはブログを見てくれているみんな、に対して?
でもだれがこのブログを楽しみに見てくれているというのだろうか。(・。・)
「高度情報化社会に到達した現代。ケータイ、電子メールに代表される情報通信技術の発達は、遠距離間の情報伝達を可能にする一方、顔同士の対面の機会を劇的に縮減させていく。」
(※C5Exhibitionざわめく、またたき展テキストより抜粋)
このことはブログ、プロフというもの対して、特にいえることです。
「ブログ更新せーへんとなー」と「高度情報化社会」とは密接に繋がっています。現在、学校裏サイトといわれる闇サイトが教育の現場で問題視されています。直接相手にいえないよーな誹謗中傷がネットの世界では平然と飛び交っています。その世界では、匿名性から言葉に対する責任感が非常に希薄になっているのです。このことは「ブログ更新せーへんとなー」という言葉に集約されているのではないでしょうか。
「ブログ更新せーへんとなー」は、ブログを見てくれているみんな?に対しての言葉ではなく、
ましてや、自分自身に対してでもない、非常に無責任な言葉です。
「美術なんてただの言葉じゃないか。」とか「彫刻って何?」とか「ブログ更新せーへんとなー」とか。これから私たちが情報化社会と上手にお付き合いするために、「言葉に責任を!」というスローガンをブログ目標の上に掲げたいと思います。

スローガン:「言葉に責任を!」
ブログ目標:「続けること」「適当でよい」「意味を見いださない」「コメントを求めない」


(※ごめんなさいMさん、勝手に抜粋して。今回のブログテーマが脱境界なので)
C5 Exhibition 『漂流の観測者 Observers of The Drift』 vol.2
「磯邉一郎 ざわめく、またたき」
 http://apm.musabi.ac.jp/c5/

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »